腸内フローラとは?

“健康と美容に良いと注目されてきているものに、「腸内フローラ」というものがあります。人間の腸の中には1000種類以上もの細菌が存在していて、その累計数は100兆個にもなるとされています。小腸の部分から大腸の部分にかけて細菌は種類ごとに集まり、腸の内部で壁を作っています。細菌の連なりによりできる壁のことを、腸内フローラと呼びます。この腸内の壁を形作っている細菌の種類のバランスを調整することで、元気とキレイを手に入れることが可能となるのです。

細菌の種類の数を調整するというと難しそうに感じますが、調整は意外と簡単にできます。腸内の細菌を大まかに分類すると、悪玉菌と善玉菌という2つの種類になります。悪玉菌は体の状態を悪くする元になる菌であり、この種類の数が多いと病気にかかりやすくなります。善玉菌は悪玉菌とは逆に、体の状態を良くしてくれる菌です。善玉菌の数を増やすことにより、体に有害な悪玉菌の働きを抑制することができます。細菌の数を調整するとは善玉菌を増殖させることであり、体に良い菌が育ちやすい環境を作るだけで良いのです。善玉菌を増やすには、腸の中の老廃物を体外に排出して清潔な状態にしてあげましょう。老廃物も悪玉菌と同様に体内にあると人体には悪影響を及ぼす原因であり、体に排出しなくてはならないものです。老廃物を出すと腸全体の動きが活性化して善玉菌が育ちやすくなり、理想的な腸内フローラになることができます。

腸内の老廃物を体の外に出すには、食物繊維をたくさん摂りましょう。食物繊維は水溶性と不溶性がありますが、2種類の食物繊維をバランス良く食べることで老廃物のスムーズな排出ができます。食物繊維の働きにより老廃物が腸内から無くなることで腸内フローラを整えられ、健康と美容で良い効果を得られます。腸内フローラを整える働きがある善玉菌は、特徴として体を酸性にする作用があります。体が酸性になると体内にある活性酸素の数が減りますが、活性酸素が無くなることには様々なメリットがあるのです。日本人の死因に多いがんや成人病の病気は、活性酸素が原因でかかりやすくなります。体が老化するのも、活性酸素が関係しています。善玉菌によって活性酸素の数を抑制することで、病気にかかりにくくなり効果のあるアンチエイジングが行えます。健康法と美容法はたくさんありますが、本当に内側から病気予防と老化予防をしたいのなら善玉菌を増やすことがおすすめです。”

“腸内フローラとは?” への 1 件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。