腸内フローラの増やし方

“腸内には100〜120種類以上、数は100兆個以上の腸内細菌が存在しているとされています。この腸内細菌は有害な細胞である悪玉菌、有益な細胞を善玉菌、どちらとも言えない日和見菌の3種類に分けられます。これらが腸内で繁殖し、花畑のように群がっていることからこれを「腸内フローラ」と呼びます。
この腸内フローラは、体の状態やストレス、食生活などによって変化していきます。
当然、善玉菌が多い方が体調は良くなります。悪玉菌が増えてしまうと、腸内をアルカリ性にしてしまい悪臭の元となる腐敗物質を生成したり、発がん性物質や細菌毒素、ガスを作りやすくなります。免疫力を低下させて、下痢や便秘などの原因となってしまいます。
善玉菌が増えることによって、腸内を酸性にすることができます。酸性になれば外から入ってくる有害な菌を撃退して感染を予防したり、免疫力を高めることができます。また、腸のぜん動運動を促すことから便秘を防いで悪玉菌の増殖を予防して消化吸収を助け、ビタミンやたんぱく質を合成するなどにも関与しており健康を維持することができます。
この腸内フローラを増やすためには善玉菌の一つである乳酸菌を積極的に取り入れていくことがおすすめです。
乳酸菌を含んでいる食材は様々なものがあるため、食事にも簡単に取り入れていくことができます。
乳酸菌が多く含んでいる食材としては、大豆と小麦を加熱処理したものに麹菌を加えて食塩水を混合したもろみを分解・発酵・熟成させて分離した醤油、大豆を主原料として麹や塩を混ぜ合わせて発酵させた味噌、乳を主原料としてレンネットの作用や乳酸菌などの細菌、カビ、酵母などの微生物を働きを利用して製造するチーズ、米ぬかを乳酸発酵させて作った糠床に食材を漬け込んで作る漬物であるぬか漬け、牛やヤギ、ヒツジなどの乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作るヨーグルト、白菜などの野菜を塩と唐辛子などでつけて発酵させたキムチなどが代表的です。
また、これらの食材の他に腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖やオリゴ糖を含んだ、バナナやごぼう、牛乳、はちみつなどの摂取も良いとされています。
善玉菌を多く含んだ食品と善玉菌のエサとなる食品を合わせて摂ることによってより高い効果を得ることができます。それぞれに菌の種類は異なってくるため、飽きないためにも栄養が偏らないようにうまく食事に取り入れていくことが大切です。
また、補うためにはサプリメントも良いとされています。”