腸内フローラと病気の関係

わたしたちの腸内には、さまざまな細菌が数多く生息しています。それらは種類ごとに集まって小腸や大腸の壁面にすんでいます。
顕微鏡で見たときに、細菌の集まりがお花畑に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。
人によって腸内細菌の種類や数は異なります。そのため、腸内フローラも違ってきます。生活習慣や年齢なども影響し、個々の細菌叢を持っていることになります。
腸内細菌は大きく3種類に分けられると言ってよいでしょう。善玉菌と呼ばれるもの、悪玉菌と呼ばれるもの、そして日和見菌と呼ばれるものです。
善玉菌は人の身体にとってよい働きをします。悪玉菌が腸内に入ってくるのを防いだり過剰な増殖を抑制したりします。また腸の運動を促しお腹の調子を整えます。反対に悪玉菌はおなかの調子を悪くする作用を起こします。数が増えてしまうと、細菌自身が腸内を傷つけたり毒素を産生したりして便秘や下痢などを引き起こすこともあります。日和見菌はもともとの作用は強くありませんが、体の免疫機能が落ちることで作用を強めます。
腸内環境はこれらの菌の数のバランスによって整えられています。
バランスが保たれていれば腸内環境は正常ですが、生活習慣の乱れや大量の抗生物質の投与などの要因があると腸内フローラのバランスが崩れることがあります。つまり、悪玉菌がとても増えてしまったり日和見菌が元気になったりしてしまいます。それによって体調を崩し、ひどくなると病気につながることもあるのです。
がんを引き起こしやすい腸内細菌もいると考えられています。その菌を持っていなければその菌によってがんになる確率は下がりますが、菌を持っている人は癌になってしまう可能性があります。細菌の数が正常であれば大きな影響はないかもしれませんが、過剰に増殖することでがんを引き起こす作用が強くなってしまうかもしれません。
また、腸内細菌はアトピーの悪化にも関わっていると考えられています。腸内フローラのバランスが崩れ悪玉菌が増えてしまうと、腐敗ガスや毒素を大量発生させアトピーの症状を悪化させてしまうかもしれません。
そして、腸内細菌叢がうつ病にも関係していることが確認されてきています。
腸内細菌は脳に作用する神経伝達物質などを作っていると考えられています。細菌のバランスが崩れることで脳を活動させる物質のバランスも崩れ、うつ病などの神経障害が起きてしまう可能性があります。
腸内フローラを正常に保つことが、病気の予防や治療につながっていくと言えるでしょう。