腸内フローラでダイエット

いくらダイエットをしても痩せられない、便秘をしていてダイエットの効果が少ないという悩みがある人は多いと思います。
そんな人の腸内はやせ菌が少なく、腸内環境が悪いことが考えられます。腸内には100〜120種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。この腸内細菌は3種類に分けることができ、腸内をアルカリ性にして悪臭の元となる腐敗物質を生成したり、発がん性物資質や腸内毒素、ガスを作る働きのある悪玉菌は、増殖すると免疫力を弱めて下痢や便秘を引き起こします。善玉菌は腸内を酸性にして、有害な菌から身を守る働きをします。免疫力を高めたりする働きがあるほか、腸のぜん動運動を促進させて便秘を改善し、悪玉菌の増殖を防止したり、消化吸収を助ける、ビタミン・たんぱく質の合成などにも関与して健康維持をしています。日和見菌は健康な時にはおとなしく、免疫力が弱ると活発に活動し始める菌になります。
これらが繁殖すると花畑のように群がることで、腸内フローラが出来上がります。この腸内フローラは体の状態やストレス、生活習慣や食生活の変化によって変わってきます。
腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが効果的です。善玉菌を増やすことがやせ菌を増やすことにもつながり、痩せやすい体質作りにもつながります。
ダイエットするためには、バランスのとれた食事と適度な運動はもちろん、腸内環境を整えてくれる乳酸菌を積極的に摂取ることがオススメです。
ヨーグルトや発酵食品などの食事として摂取した乳酸菌のほとんどは胃酸などによって死滅してしまうと言われています。乳酸菌の働きを体内で効率良くするためには、生きて腸まで届けることが良いとされています。乳酸菌には動物性のものと植物性のものがありますが、胃の中で死滅しにくいのは植物性のものが良く、キムチや味噌、醤油、糠漬けなどの発酵食品が効果的です。また腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだバナナやごぼう、牛乳などを同時に取り入れることも腸内環境を良くする効果を高めます。
食品で取りにくいという場合には、生きて腸まで届く設計のなされたサプリメントを利用することも効果的です。ただし、効果を発揮させるためには毎日摂取していくことが必要となります。
食事によるカロリーコントロールと適度な運動がダイエットには必要ですが、腸をきちんと動かして腸内環境を良くするには規則正しい生活などの生活習慣をきちんとすることも大切です。