腸内フローラでダイエット

いくらダイエットをしても痩せられない、便秘をしていてダイエットの効果が少ないという悩みがある人は多いと思います。
そんな人の腸内はやせ菌が少なく、腸内環境が悪いことが考えられます。腸内には100〜120種類以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。この腸内細菌は3種類に分けることができ、腸内をアルカリ性にして悪臭の元となる腐敗物質を生成したり、発がん性物資質や腸内毒素、ガスを作る働きのある悪玉菌は、増殖すると免疫力を弱めて下痢や便秘を引き起こします。善玉菌は腸内を酸性にして、有害な菌から身を守る働きをします。免疫力を高めたりする働きがあるほか、腸のぜん動運動を促進させて便秘を改善し、悪玉菌の増殖を防止したり、消化吸収を助ける、ビタミン・たんぱく質の合成などにも関与して健康維持をしています。日和見菌は健康な時にはおとなしく、免疫力が弱ると活発に活動し始める菌になります。
これらが繁殖すると花畑のように群がることで、腸内フローラが出来上がります。この腸内フローラは体の状態やストレス、生活習慣や食生活の変化によって変わってきます。
腸内環境を整えるには、善玉菌を増やすことが効果的です。善玉菌を増やすことがやせ菌を増やすことにもつながり、痩せやすい体質作りにもつながります。
ダイエットするためには、バランスのとれた食事と適度な運動はもちろん、腸内環境を整えてくれる乳酸菌を積極的に摂取ることがオススメです。
ヨーグルトや発酵食品などの食事として摂取した乳酸菌のほとんどは胃酸などによって死滅してしまうと言われています。乳酸菌の働きを体内で効率良くするためには、生きて腸まで届けることが良いとされています。乳酸菌には動物性のものと植物性のものがありますが、胃の中で死滅しにくいのは植物性のものが良く、キムチや味噌、醤油、糠漬けなどの発酵食品が効果的です。また腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含んだバナナやごぼう、牛乳などを同時に取り入れることも腸内環境を良くする効果を高めます。
食品で取りにくいという場合には、生きて腸まで届く設計のなされたサプリメントを利用することも効果的です。ただし、効果を発揮させるためには毎日摂取していくことが必要となります。
食事によるカロリーコントロールと適度な運動がダイエットには必要ですが、腸をきちんと動かして腸内環境を良くするには規則正しい生活などの生活習慣をきちんとすることも大切です。

 

腸内フローラの検査方法

身体の健康だけでなく、病気の予防や女性にとっては美容にも直接かかわって来る腸内フローラを検査する方法は、大きく分けて三つ存在します。
一つ目がセルフチェックです。これは実際に便を採取するのではなく、日常生活における排便の回数や生活習慣などをチェック方式で回答していき、チェック項目が一定数以上あれば腸内フローラに問題ありと判断するやり方です。
ただこれは無料で実施できるメリットはありますが、漠然とした腸内フローラの状態しか分からないため、ほとんどの場合簡単な自己診断ツールとして使われています。
つまり腸内フローラの正確な情報を知りたいのなら、インターネットなどで取り寄せ可能な検査キットか、病院の検査を利用するのが一般的です。
ではどちらの検査方法のほうがメリットが高いかというと、以前は検査キットを使った腸内フローラの検査はほとんど実施されていませんでした。
その理由としてあげられるのが、検査に用いられる細菌の特徴です。
便の中に含まれている細菌は外気に触れるのを嫌う性質を持っているため、長時間の移動には適さず、検査をする前に死滅してしまう恐れがありました。こうなると正しい検査結果が出ないので、病院で素早く検査をする以外方法がなかったのです。
しかし最近では便内の細菌の遺伝子情報を解析することで、腸内細菌の割合を簡単に調べられるようになりました。
現在は検査の正確性に加えて利便性と手軽さも考慮すると、どちらの検査方法で調べても特に大きな問題はないと言えるでしょう。
むしろ腸内フローラを気にする理由が便秘だった場合は、いつ便通が来るかわからない状態で病院の検査を予約するのは大きな不安が伴います。自宅に検査キットを取り寄せて便を採取した後で送り返すほうが簡単ですし、精神的にも負担の少ない検査方法です。
それ以外のことで腸内フローラの検査で気をつけるべき点は、検査で判明する菌の数です。
大腸の中にいる腸内細菌は約100種類以上存在しますが、検査ですべての細菌の状態を調べられるところはほとんどありません。
病院や検査キットではあらかじめ調べられる細菌の数や名前を記載しているところもあるので、自分の目的に合致した検査を受けるのが妥当な判断です。また病院での検査といっても保険は使用できませんし、検査を受けられる医療機関も今のところ数が少ないのが実状です。
そのため比較的検査キットを使ったほうが、安く抑えられる傾向にあります。

腸内フローラと病気の関係

わたしたちの腸内には、さまざまな細菌が数多く生息しています。それらは種類ごとに集まって小腸や大腸の壁面にすんでいます。
顕微鏡で見たときに、細菌の集まりがお花畑に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。
人によって腸内細菌の種類や数は異なります。そのため、腸内フローラも違ってきます。生活習慣や年齢なども影響し、個々の細菌叢を持っていることになります。
腸内細菌は大きく3種類に分けられると言ってよいでしょう。善玉菌と呼ばれるもの、悪玉菌と呼ばれるもの、そして日和見菌と呼ばれるものです。
善玉菌は人の身体にとってよい働きをします。悪玉菌が腸内に入ってくるのを防いだり過剰な増殖を抑制したりします。また腸の運動を促しお腹の調子を整えます。反対に悪玉菌はおなかの調子を悪くする作用を起こします。数が増えてしまうと、細菌自身が腸内を傷つけたり毒素を産生したりして便秘や下痢などを引き起こすこともあります。日和見菌はもともとの作用は強くありませんが、体の免疫機能が落ちることで作用を強めます。
腸内環境はこれらの菌の数のバランスによって整えられています。
バランスが保たれていれば腸内環境は正常ですが、生活習慣の乱れや大量の抗生物質の投与などの要因があると腸内フローラのバランスが崩れることがあります。つまり、悪玉菌がとても増えてしまったり日和見菌が元気になったりしてしまいます。それによって体調を崩し、ひどくなると病気につながることもあるのです。
がんを引き起こしやすい腸内細菌もいると考えられています。その菌を持っていなければその菌によってがんになる確率は下がりますが、菌を持っている人は癌になってしまう可能性があります。細菌の数が正常であれば大きな影響はないかもしれませんが、過剰に増殖することでがんを引き起こす作用が強くなってしまうかもしれません。
また、腸内細菌はアトピーの悪化にも関わっていると考えられています。腸内フローラのバランスが崩れ悪玉菌が増えてしまうと、腐敗ガスや毒素を大量発生させアトピーの症状を悪化させてしまうかもしれません。
そして、腸内細菌叢がうつ病にも関係していることが確認されてきています。
腸内細菌は脳に作用する神経伝達物質などを作っていると考えられています。細菌のバランスが崩れることで脳を活動させる物質のバランスも崩れ、うつ病などの神経障害が起きてしまう可能性があります。
腸内フローラを正常に保つことが、病気の予防や治療につながっていくと言えるでしょう。

腸内フローラの増やし方

“腸内には100〜120種類以上、数は100兆個以上の腸内細菌が存在しているとされています。この腸内細菌は有害な細胞である悪玉菌、有益な細胞を善玉菌、どちらとも言えない日和見菌の3種類に分けられます。これらが腸内で繁殖し、花畑のように群がっていることからこれを「腸内フローラ」と呼びます。
この腸内フローラは、体の状態やストレス、食生活などによって変化していきます。
当然、善玉菌が多い方が体調は良くなります。悪玉菌が増えてしまうと、腸内をアルカリ性にしてしまい悪臭の元となる腐敗物質を生成したり、発がん性物質や細菌毒素、ガスを作りやすくなります。免疫力を低下させて、下痢や便秘などの原因となってしまいます。
善玉菌が増えることによって、腸内を酸性にすることができます。酸性になれば外から入ってくる有害な菌を撃退して感染を予防したり、免疫力を高めることができます。また、腸のぜん動運動を促すことから便秘を防いで悪玉菌の増殖を予防して消化吸収を助け、ビタミンやたんぱく質を合成するなどにも関与しており健康を維持することができます。
この腸内フローラを増やすためには善玉菌の一つである乳酸菌を積極的に取り入れていくことがおすすめです。
乳酸菌を含んでいる食材は様々なものがあるため、食事にも簡単に取り入れていくことができます。
乳酸菌が多く含んでいる食材としては、大豆と小麦を加熱処理したものに麹菌を加えて食塩水を混合したもろみを分解・発酵・熟成させて分離した醤油、大豆を主原料として麹や塩を混ぜ合わせて発酵させた味噌、乳を主原料としてレンネットの作用や乳酸菌などの細菌、カビ、酵母などの微生物を働きを利用して製造するチーズ、米ぬかを乳酸発酵させて作った糠床に食材を漬け込んで作る漬物であるぬか漬け、牛やヤギ、ヒツジなどの乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作るヨーグルト、白菜などの野菜を塩と唐辛子などでつけて発酵させたキムチなどが代表的です。
また、これらの食材の他に腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖やオリゴ糖を含んだ、バナナやごぼう、牛乳、はちみつなどの摂取も良いとされています。
善玉菌を多く含んだ食品と善玉菌のエサとなる食品を合わせて摂ることによってより高い効果を得ることができます。それぞれに菌の種類は異なってくるため、飽きないためにも栄養が偏らないようにうまく食事に取り入れていくことが大切です。
また、補うためにはサプリメントも良いとされています。”

腸内フローラとは?

“健康と美容に良いと注目されてきているものに、「腸内フローラ」というものがあります。人間の腸の中には1000種類以上もの細菌が存在していて、その累計数は100兆個にもなるとされています。小腸の部分から大腸の部分にかけて細菌は種類ごとに集まり、腸の内部で壁を作っています。細菌の連なりによりできる壁のことを、腸内フローラと呼びます。この腸内の壁を形作っている細菌の種類のバランスを調整することで、元気とキレイを手に入れることが可能となるのです。

細菌の種類の数を調整するというと難しそうに感じますが、調整は意外と簡単にできます。腸内の細菌を大まかに分類すると、悪玉菌と善玉菌という2つの種類になります。悪玉菌は体の状態を悪くする元になる菌であり、この種類の数が多いと病気にかかりやすくなります。善玉菌は悪玉菌とは逆に、体の状態を良くしてくれる菌です。善玉菌の数を増やすことにより、体に有害な悪玉菌の働きを抑制することができます。細菌の数を調整するとは善玉菌を増殖させることであり、体に良い菌が育ちやすい環境を作るだけで良いのです。善玉菌を増やすには、腸の中の老廃物を体外に排出して清潔な状態にしてあげましょう。老廃物も悪玉菌と同様に体内にあると人体には悪影響を及ぼす原因であり、体に排出しなくてはならないものです。老廃物を出すと腸全体の動きが活性化して善玉菌が育ちやすくなり、理想的な腸内フローラになることができます。

腸内の老廃物を体の外に出すには、食物繊維をたくさん摂りましょう。食物繊維は水溶性と不溶性がありますが、2種類の食物繊維をバランス良く食べることで老廃物のスムーズな排出ができます。食物繊維の働きにより老廃物が腸内から無くなることで腸内フローラを整えられ、健康と美容で良い効果を得られます。腸内フローラを整える働きがある善玉菌は、特徴として体を酸性にする作用があります。体が酸性になると体内にある活性酸素の数が減りますが、活性酸素が無くなることには様々なメリットがあるのです。日本人の死因に多いがんや成人病の病気は、活性酸素が原因でかかりやすくなります。体が老化するのも、活性酸素が関係しています。善玉菌によって活性酸素の数を抑制することで、病気にかかりにくくなり効果のあるアンチエイジングが行えます。健康法と美容法はたくさんありますが、本当に内側から病気予防と老化予防をしたいのなら善玉菌を増やすことがおすすめです。”